2009年06月10日

甘くて柔らかい 名寄のアスパラ

甘くて柔らかい 名寄のアスパラ
2009年6月4日(木)8時0分配信 産経新聞

 冷害で約1億円の損害が出たという北海道名寄市名産のアスパラを応援しようと、交流都市の杉並区は3日、区役所でアスパラ販売会が始まった。5日まで。

 名寄市では5月中旬に氷点下2.4度まで冷え込み、アスパラが大きな打撃をうけた。区は名寄市に全面協力していくとしており、「困ったときは助け合い。生育は遅れても品質に問題はなく、イベントでは毎朝入荷する甘くて柔らかいアスパラが楽しめる」としている。雨天決行、売り切れ次第終了。マイバック持参。

北海道産アスパラ・・・おいしーーー


posted by むっく at 18:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜

2009年05月26日

カレーや塩味…新顔野菜続々

カレーや塩味…新顔野菜続々- 2009.05.25 11:00 ココログニュース:@nifty

レタスアスパラガスラディッシュなどが旬を迎え、フレッシュサラダをモリモリ食べたくなる季節だが、市場には野菜の“新顔”が続々と登場しているのをご存じだろうか。

カレー風味の『ミティー』は、古くから種がカレーの香辛料として使われてきたマメ科の野菜。インドなどでは以前から食べられていたが、日本でも生食用としての生産が始まった。編集者・ライターの安島夏氏によると、「食感もビジュアルも豆苗に似ている」(ゆたりブログ)とか。「あまり自己主張しないのでどんな素材にも合い、ほんのりエスニックな香りが絶妙」らしい。ブログで紹介されているサラダは、白ワイン片手に食べたらおいしそうだ。

南アフリカ原産の『アイスプラント』は、葉や茎の表面に地中から吸い上げた塩分を含む水泡が付いている。『バラフ』『ソルトリーフ』などとも呼ばるこの野菜は、「ほんのり塩味がして、海ぶどうに似た」(Naturie 優しい時間)不思議な食感が特徴。栄養価も高く、生食はもちろん天ぷらにしてもおいしいとか。

肉厚でフルーツのような酸味があるという中南米原産の『グラパラリーフ』は、「放っておくと葉の切り口から芽や根が出てくる」(chez-kayo.com)そうで、栽培にチャレンジする人も多い。

食卓に“新しい味”が加わるのは楽しいものだ。近所の店で目新しい野菜を見かけたら、一度試してみては?

(ぽこ)

新型インフル マスク過信禁物 症状ない人には予防効果なし・・・国内の感染確認、340人に=新型インフルエンザ
posted by むっく at 05:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。