2007年10月31日

<暴君ハバネロ>さらに激辛バージョン! スープもゲームも展開

<暴君ハバネロ>さらに激辛バージョン! スープもゲームも展開
10月30日17時45分配信 毎日新聞


暴君ハバネロ」「超暴君ハバネロ」」「大魔王ジョロキア」「暴君ハバネロの旨スープ

 飲むのと食べるの、どっちが辛い? スナック暴君ハバネロ」を販売している東ハトは、これまでよりさらに辛味を強調した「超暴君ハバネロ2.0倍」(オープン・100円前後)と「大魔王ジョロキア」(同)を10月29日からコンビニエンスストア限定で発売した。またサントリー(本社・大阪市)は、東ハトとコラボレーションして「暴君ハバネロ」ブランドの缶入りスープ飲料「暴君ハバネロの旨スープ」(希望小売価格120円)を11月6日から発売する。4周年を迎えた「暴君」に、ますます舌が悲鳴を上げそうだ

 「超暴君ハバネロ2.0倍」は、これまでの辛さの約2倍。また「大魔王ジョロキア」は、今年のギネスブックにハバネロを超えた「世界一の辛さ」と認定された「バフット・ジョロキア」種を採用。「どちらが辛いのか?」という問いに対して、東ハトでは「消費者のみなさんにお任せします」としている。実際に食べてみたところ、「超暴君ハバネロ」はコンソメ味を基本として、ブラックペッパーの風味。一方の「大魔王ジョロキア」は、やや酸味のきいたチリソース味。食感は、前者がギザギザのリング状で硬めなのに対して、後者はフラットなリング状でかみやすい。どちらも舌にぴりりとくる辛さで甲乙つけ難いが、個人的には、あとから辛味が込み上げる「超暴君ハバネロ2.0倍」に軍配か。いずれも一袋食べ終わるころには、額に大粒の汗を浮かべるのは間違いない。

 もともと「キャラメルコーン」や「オールレーズン」などのヒット商品で知られる東ハトが「暴君ハバネロ」を企画したのは、「(これまで同社にはなかった)辛いお菓子も定番がほしい」(東ハト)という背景から。発売後は、唐辛子を擬人化した「暴君」のキャラクターが幅広い年齢層に支持され、「ビールのツマミに」という大人の声も多い。「超暴君ハバネロ2.0倍」と「大魔王ジョロキア」の発売をきっかけに、東ハトでは両者の「対決」というストーリーを作り上げ、携帯電話でこれをモチーフにしたゲームを配信も予定している。

 一方の「暴君ハバネロの旨スープ」は、「おにぎりやサンドウィッチなどのお供」(サントリ−広報部)というシーンも想定してか、辛さはやや控えめ。トマト風味の中にひそむ、ぴりりとした辛味があとを引くうまさだ。「これまで、あたたかいスープ飲料といえばコーンスープくらいしかなく、新しい切り口を探していたところ『暴君ハバネロ』を飲み物にしたらおもしろいと考えた」と同社広報部は話す。同時に、発売開始以来、東ハトがさまざまな媒体で展開し、作り上げてきた「暴君ハバネロ」の世界観にも共鳴したという。消費者に対して、辛さだけでは終わらない、おもしろさも提供しようとする東ハトの遊び心が、サントリーをひきつけた格好だ。

 辛いものに自信のある方は、ぜひ一度お試しあれ。【長岡平助】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071030-00000008-maiall-bus_all

「ハバネロ」を超える激辛トウガラシ登場!


posted by むっく at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スナック菓子

2007年10月23日

明治製菓、スナック菓子「塩チョコカール」を発売

明治製菓、スナック菓子「塩チョコカール」を発売
平成19年10月24日

 明治製菓(社長:佐藤 尚忠)は、“伯方(はかた)の塩”を使用した「塩チョコカール」を10月30日から全国で発売いたします。話題の“チョコレートと塩”の組み合わせを、おなじみのカールで実現。カールならではのサクサクとした軽い食感と甘塩っぱさがくせになるおいしさです。チョコスナックの手軽さ・おいしさをカールブランドで訴求し、チョコスナック市場の活性化を図ってまいります。

商品概要

<商品名>

 塩チョコカール

内容量

 40g

価格

 参考小売価格 158円(税込)

発売日・発売地区

 10月30日 全国

特長

▼ココアを練り込んだカールの生地を、ほんのり塩をきかせたチョコレートでコーティングしました。

▼風味豊かな“伯方(はかた)の塩(※)”を使用しました。チョコレートの甘みとの絶妙な組み合わせがあとを引くおいしさです。

(※)伯方(はかた)の塩とは

 「にがり(苦汁)」をほどよく残し海水中のミネラル成分を生かしてつくった風味のある塩。塩味の中にほんのりとした甘さを感じるのが特長。

<ターゲット>

 女子中高生・主婦を中心に幅広く

<販売目標金額>

 100億円/年間

■問い合わせ先■明治製菓[2202.T]

 お客様相談センター

 TEL:0120−041082

※発表日 2007年10月23日

以 上 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/biz/release/news/20071024p0400a004020000c.html
posted by むっく at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スナック菓子

2007年10月22日

カルビー、スナック菓子「白いチーズビット」を冬季限定発売

カルビー、スナック菓子「白いチーズビット」を冬季限定発売
平成19年10月22日

 カルビー(本社:東京都北区赤羽南、代表:中田 康雄)は、おなじみ「チーズビット」の冬季限定商品で、サクサクッふわっと広がるカマンベール味の『白いチーズビット』を2007年10月22日(月)より期間限定で地域別に順次新発売します。

※60gは量販店向け、33gはコンビニエンスストア向けの商品になります。

商品特長

1.『白いチーズビット』は、おなじみ「チーズビット」のサクサクッとした食感と食べやすいアーモンド型のひと口サイズはそのままに、クリーミーでコクのあるカマンベール味に仕上げたスナックです。

2.お客様の熱いご要望にお応えして2005年以来の復活で、チーズ味のバランスもちょうど良くさらにおいしくなりました。

3.アルミの銀色を活かした背景に、雪だるまともみの木がデザインされ、季節感たっぷりのパッケージになります。

4.主なターゲット層は、20代の社会人女性と30代主婦をメインに想定しています。

◎商品規格

▼商品名

 白いチーズビット

▼内容量

▽60g

▽33g

▼価格

 オープン

■問い合わせ先■カルビー

 お客様相談室

 TEL:0120−55−8570

※発表日 2007年10月19日

以 上

 2007年10月22日毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/biz/release/news/20071022p0400a004002000c.html

posted by むっく at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スナック菓子

2007年10月19日

キン肉マン:ポリンキーの牛丼味風味 湖池屋から29日に発売

キン肉マン:ポリンキーの牛丼味風味 湖池屋から29日に発売
湖池屋から29日に発売されるポリンキーの「マッスル牛丼味」 人気アニメ「キン肉マン」にちなんだ牛丼味のスナック菓子「ポリンキー」が29日、菓子販売の湖池屋から発売される。オープン価格で、50グラムと25グラムの2種類を用意する。実勢価格は約140円と約80円。

 キン肉マンのポリンキーは、主人公・キン肉マンの大好物である牛丼にちなんでおり「マッスル牛丼味」と命名。肉とたまねぎの風味にコクのある甘さを加えているという。「キン肉バスター」など必殺技のシール(全20種類、解説付き)が1枚付く。パッケージは2種類を用意しており、「ウォーズマン」「テリーマン」「ロビンマスク」など作品に登場するキャラクターが描かれている。

 商品は、湖池屋ポリンキーを知ってもらおうとバンダイと協力。「天才バカボン」のキャラクター・ウナギイヌにちなんだかばやき味のポリンキーを7月に発売しており、キン肉マンは第2弾となる。【河村成浩】

 2007年10月19日 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/photo/news/20071019mog00m200011000c.html

posted by むっく at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スナック菓子

2007年10月18日

「ハバネロ」を超える激辛トウガラシ登場!

「ハバネロ」を超える激辛トウガラシ登場!
10月17日12時16分配信 オリコン


 「早く座んな!」と暴言を吐き、激辛トウガラシをたっぷり使ったおにぎりやサンドイッチを食べさせる・・・。東京都内某所で10月16日(火)、東ハトが『史上最狂最悪の新商品発表会』を開催した。

世界一辛いトウガラシを使用した“暴君”の写真

 激辛トウガラシ「ハバネロ」を使った刺激的な旨辛さと、暴言を吐く個性的なキャラクターで人気のスナック菓子『暴君ハバネロ』の誕生から4周年。新商品の発売を記念して、『暴君』らしいキャラクターの世界観をアピールするのが狙い。

 新商品『超暴君ハバネロ 辛さ2.0倍』と『大魔王ジョロキア』の2品は、CVS(コンビニエンスストア)ルート限定で発売される(10月29日〜)。

 『大魔王ジョロキア』は、世界一辛いトウガラシとして、新たにギネスに公認された「バフット・ジョロキア(“幽霊のトウガラシ”の意味)」を使用。インド原産の激辛トウガラシで、ハバネロの約2倍のスコヴィル値(トウガラシの辛さを量る単位)を記録した。

 『超暴君ハバネロ 辛さ2.0倍』はブラックペッパーの効いたコンソメ味、『大魔王ジョロキア』はチリソース味をベースに、レモングラスの風味を加えた。辛さのレベルは一緒だが、どちらが辛く、旨く感じるかは個人差があるとのこと。

 また、サントリーとのコラボレーションで缶入りスープ飲料『暴君ハバネロの旨スープ』も11月6日から全国で新発売する。ハバネロの刺激的な辛さと、トマトやオニオン、チキンなどをじっくり煮込んだジューシーな旨みを追求。

 試飲した記者の感想は、口に含んだ直後にピリリとした辛さを感じたが、喉越しは思いのほかマイルドで、おにぎりやサンドイッチなどと一緒においしく楽しめた。メーカー曰く、食欲を刺激する“旨辛い”味。

 激辛という“味”が、一般的なものとして世間に定着。その刺激に慣れてくると、さらなる刺激が欲しくなる。人はなぜ辛いものに魅せられるのか?激辛ブームはこの秋、さらなる盛り上がりをみせそうだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071017-00000004-oric-ent

◆ 株式会社 東ハト http://tohato.jp/

◆『流行りモノ調査隊 第11回 塩スイーツ』 - RANKING NEWS
posted by むっく at 02:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | スナック菓子

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。