2007年11月20日

今年のクリスマスケーキの傾向は? 西武百貨店まとめ

みんなのニュース:今年のクリスマスケーキの傾向は? 西武百貨店まとめ

クリスマスまで2カ月を切った10月末、各百貨店でクリスマス商戦が始まった。東京の西武百貨店池袋本店では、31日から全館でクリスマスフェアを開催。同百貨店がホームページで実施したアンケートによると、クリスマスイブが3連休の最終日に当たる今年は「カップルで、家で過ごしたい」と考えている人が多いことが分かった。この結果を踏まえ、同店では“2人で食べ切れるけれど、クリスマスを祝う存在感のあるケーキ”を取りそろえ、今年の商戦に臨む。【細田尚子】

 アンケートは10月5日〜21日、同百貨店のウェブ会員を対象に実施、20〜60代の男女1115人から回答を得た(女性82.5%、男性17.5%)。

 それによると、「クリスマスを一緒に過ごしたい相手」について、「恋人」「夫婦」と答えた人が全体の77.3%。中でも40代は49.4%、50代は61.3%、60代は90%がそう答え、中高年が日ごろの感謝を込めて愛を改めて誓い合う「カップルアゲイン」傾向が見られた。クリスマス3連休の過ごし方は「未定」が半数以上だったが、決まっている人の中では「家で過ごす」が32.8%で、「外出する」の15.5%を大きく上回った。

 このため、同百貨店では「サイズは小さめながら存在感のある個性的なケーキ」を各種取りそろえた。

 目玉は、世界的に有名なアーティスト、アンディ・ウォーホルの作品をモチーフに、サンタの帽子をデザインしたケーキ(5775円、ファクトリーナカタ製)。ブルーベリー入りのムースをストロベリー味のチョコレートでコーティングし、帽子型に装飾したもので「ショートケーキ・タイプとチョコレートケーキ・タイプという2大定番のほかに、今年はこうしたフルーティーなタイプも出てきています」(同店広報の得丸真実子さん)という。

 2人で食べきれる直径9〜12センチのミニホールケーキも数種類、用意した。ショートケーキ・タイプとチョコレートケーキ・タイプ(2100円/1890円、ケンジントンティールーム製)は、価格も手頃なカップル向けホールケーキだ。金色にコーティングされた三角形のケーキ(3675円、ルノートル製)は、ヘーゼルナッツとレモンクリームを合わせてサクサクとした新しい食感を楽しめる。

 このほかにも、黄色い星形のホワイトチョコレートムース・ケーキ(5250円、ルノートル製)や、土星をイメージしたホールケーキ(4200円、銀座コージーコーナー製)など形が個性的で面白いものや、アンディ・ウォーホルのサンタの帽子をデザインしたチョコレートを飾り、マンゴーをふんだんに使ったフルーツケーキ(6300円、マルメゾン製)などファミリータイプも充実している。

 今年の西武・そごうのクリスマスケーキの平均単価は4629円。昨年より244円アップし、「小さくても豪華」なケーキが好まれる傾向にあるようだ。池袋本店ではアップルシティ地下1階に洋菓子特設売り場「スイーツセンター」をオープンし、12月16日まで予約販売を受け付けている。

【関連リンク】
西武百貨店
http://www2.seibu.co.jp/usrinfo/index.html


 2007年10月31日
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/20071031/


posted by むっく at 05:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。