2010年07月11日

“半熟スイーツ”快進撃 コンビニや専門店 続々と投入

“半熟スイーツ”快進撃 コンビニや専門店 続々と投入7月10日8時16分配信 フジサンケイ ビジネスアイ

プランタン銀座が20日から販売する半熟スイーツ「とろなまドーナツアイス」

 焼き菓子でありながらクリーミーな食感が楽しめる“半熟スイーツ”商戦が活況を呈している。コンビニ各社や専門店から相次いで発売され、いずれもヒット商品になっており、新たなカテゴリーとしてさらに注目を浴びそうだ。

  サークルKサンクスは22日から「シェリエドルチェ半熟ドーナツ」の「苺」「チョコ」を販売する。同社では5月以降、バウムクーヘンやカステラなど冷やして食べる焼き菓子シリーズを展開し、1日に発売した「クリーミーバウムロール」は発売後4日間で20万個以上を売り上げた。

 コンビニ業界では、ローソンが昨年9月に発売した「プレミアムロールケーキ」がスイーツ専門店と同様の生クリームを使用して大ヒット。4種類のシリーズ累計販売個数が3500万個超を記録した。今月13日にはレアチーズを使った第5弾を発売。高級ロールケーキの先駆者としてさらなる売り上げ増を見込む。

 クリーミーな焼き菓子を“半生・半熟”スイーツと称して集積し、ブームの火付け役になったのがプランタン銀座(東京)だ。5月に「とろなまドーナツ」など計15種類のスイーツを集めたフェアを開催。一番人気のとろなまドーナツは1日平均4200個を売り上げ話題になった。今月20日からは冷たい「とろなまドーナツアイス」も投入する。

 老舗菓子専門店のユーハイム(神戸市)も「ディー・マイスター」ブランドで6月22日から「半熟仕立てのチーズケーキ」を販売中。現在は関東地区限定だが、完売が続いているのを受け、近く全国に拡大する予定。半熟スイーツの快進撃はまだまだ続きそうだ。


posted by むっく at 03:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 半熟スィーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。