2009年05月22日

「溶けないソフトクリーム」話題に−金沢の食品研究会社が販売開始

<漢検協会>「今年の漢字」も架空発注 前理事長代表会社に
懸命の自衛策 「ヤフオク」でマスクが高騰
杏と小澤征悦に交際説急浮上…家族ぐるみの付き合い
フリーアナ・山田玲奈、慶応先輩と結婚
<夏日>札幌で今年初
再生水、どんな味?=宇宙基地で若田さんら試飲−尿など再利用の装置稼動

★★★

「溶けないソフトクリーム」話題に−金沢の食品研究会社が販売開始5月21日18時15分配信 金沢経済新聞

常温で1時間放置してもこのままの形をキープする「溶けないソフトクリーム

 日本海藻食品研究所(金沢市本江町、TEL 076-292-1782)が、金沢大学教授と共同開発した「おからペースト」を使用したパンやスイーツなどを販売するアンテナショップ「ヘルシーラボ」(同、TEL 076-292-3201)を本社隣にオープンしで3カ月が過ぎた。

 開発したペースト「おからda元気」は、豆腐を製造する際に大量に廃棄処分されるおからを特殊製法でペースト化したもので、おから本来の栄養分は残しながらカロリーを3分の1に抑え、保存も可能にした。さらに同店では、「佛子園」(白山市)の協力を得ておからパンを製造するなど、「健康」「美」「エコ」「福祉」をキーワードに、おからの幅広い使い方を発信している。

 「溶けないソフトクリーム」(350円)は、おからペーストと米粉を配合することで、常温で1時間放置しても溶けず、できたての姿をキープするもの。「甘さ控えめのさっぱり味」(同店)で、時間を追うごとに食感が変化する。オープン後、「不思議」「子どもに食べさせやすい」と話題を集め、ソフトクリーム目当てに幅広い客層も来店するという。

 そのほか、おからペーストを配合したドーナツ、ハンバーグ、コロッケ、フランクフルトなどの商品も多数販売。低カロリーの「おから麺」を用いた「ラボサラ」も近日中に店頭に並ぶ予定。

 同社営業部の内田涼人さんは「当社がこれまで培ってきた研究開発のノウハウを生かし、世の中にない新しいものを作り出していきたい」と意欲をみせる。

 営業時間は10時30分〜18時。第2・第4土曜、日曜・祝日定休。

★★★

東京、川崎で感染確認 同じ学校の女子生徒
新型インフル、家庭の対処法・・家族に症状 看護は別室、マスクで・・休校した時の過ごし方

裁判員制度、きょう始動 初の審理、7月下旬にも

★★★

不景気の影響で「もやし」が異例の大人気!
ほめられサロンでいい気分!?
夏は快適「緑のカーテン」 ゴーヤーやアサガオ/環境にもやさしい

★★★テレビドラマ話題

キムタク、草ナギに「待ってます」
大泉洋がダメ教師 結婚後ドラマ初主演


posted by むっく at 03:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | アイスクリーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。