2008年08月25日

即席めん誕生から半世紀 日清食品のチキンラーメンが発祥

<北京五輪>17日間の「宴」に幕 2012年はロンドンで

★★★

即席めん誕生から半世紀 日清食品のチキンラーメンが発祥
 日清食品が世界初の即席めん「チキンラーメン」を発売して25日で半世紀が経過した。

熱湯だけで食べられる「インスタントラーメン」は、戦後の高度経済成長と歩調を合わせるように家庭に急速に広がり、国民の食生活を一変。海外にも普及して年間1000億食近く食べられるまでになり、世界の庶民の「食」を支え続けている。

 日清食品は50周年を機に、23日から25日まで大阪・梅田などでチキンラーメン誕生当初の製造工程を公開する記念祭を開催中だ。

 日清食品創業者の故安藤百福氏がチキンラーメンを発売したのは1958年8月25日。その後、スープを別添えするタイプが登場、71年には容器入りの「カップヌードル」も加わり、市場拡大を後押しした。

 日本メーカーは、国内消費の伸びが鈍化した70年ごろからアジアを中心に海外へ本格進出。外国メーカーも増えた。

 現在、国内メーカーは20数社で、世界では「いくつか見当も付かない」(日清食品)という。世界の消費量は一貫して増え続け「10年後には今の2倍以上の2000億食」との見方も。約979億食だった昨年は、単純計算で1人当たり約15食食べたことになる。



◆8/25はチキンラーメン誕生の日即席ラーメン記念日

即席めん誕生50年で記念祭

災害時非常食に7万食 チキンラーメン・カン 大阪府に寄贈

★★★



posted by むっく at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | チキンラーメン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。