2008年07月16日

栄養抜群!? 未来のエコフードはこれだ!

栄養抜群!? 未来のエコフードはこれだ! 2008年7月14日(月)0時0分配信 クーリエ・ジャパン

 この5月に米国バージニア州で開催されたフード・フェスティバルでひときわ賑わっているスタンドがあった。それは『虫料理』(未邦訳)の著者デヴィッド・ジョージ・ゴードンのスタンドで、彼はなんと「コオロギのパスタ」を作っているところだった……。

 今、ゴードンのような虫料理の愛好家たちはみな、「虫は、牛や豚や鶏よりはるかに環境にやさしいタンパク源だ」と口を揃える。

 というのも畜産業界が排出する温室効果ガスの量は全体の18%にも及ぶからだ。さらに、餌になる穀物の値上げが深刻な昨今では、環境への影響が少なく安価な虫は、“未来の食材”になる可能性を秘めているという。例えば150gのイナゴを育てるのに必要な水はわずかだが、同じ量の牛肉を得るには3290lもの水が必要だ。また虫を育てるなら、経費も少なくてすむ。

 加えて、注目すべきはその栄養価。中央アフリカなどでよく食べられるイモムシは、火を通した状態で100g中28gのタンパク質を含み、これは鶏肉に含まれている割合よりも多い。またゲンゴロウは、牛肉の4倍の鉄分を含むという。

 ちなみに、国連食糧農業機関の職員も最近バンコクで開かれた“食虫会議”に出席し、「これは決して蔑むべき発想ではない」と述べている。

 とはいえ、一般的な人間が口にするにはまず「気持ち悪い」という感覚を克服する必要があるのは、言うまでもない。

タイム(USA)より

栄養抜群!? 未来のエコフードはこれだ!


タグ:虫料理
posted by むっく at 06:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。