2009年10月13日

なんでも寒天で固める国、秋田

なんでも寒天で固める国、秋田
2009年10月12日(月)11時0分配信 デイリーポータルZ
里帰り先で入ったスーパーの惣菜コーナーは、寒天で固めつくされていました。 [ 拡大 ]
-PR-
今回は、先日秋田へ里帰りした際に地元のスーパーで見つけた珍しい食べ物をご紹介、という内容なのだが、特に、寒天と秋田との蜜月ぶりといったらアナタ、いやぁ、ちょっとしたカルチャーショックであった。
その固めっぷりは想像を遙かに超えており、秋田で生まれ育ったというのに、この県について私は一体なにを知っているのだろう…と不安になるほど、いろんな物が固まりまくっていた。それはもうプリップリに。

そもそも秋田には18歳までしかいなかった(東京での生活の方が長い計算になる)ので知らないことがあっても仕方がないとは思うのだが、それを差し引いても「なんだこれは!」と驚くことが多かった。
その様子を、とくとご覧いただこうと思う。

いきなり知らない食べ物が

最初にやってきたのは、近所のスーパー「ナイス」である。記事に出来るような珍しい食べ物は置いてないか?と思い、やってきたのだが…。
「えご」と「袋とうふ」だけでは弱い。これではコネタの域を出ない。…と、ぶらぶらお総菜コーナーを歩いていると、それはいきなり目に飛び込んできた。

ヨーグルトのような物の上に、キュウリの輪切りと、缶詰のミカンという不思議な組み合わせ。これは一体…?
商品名には「あさづけ」とあるが、表記の間違いじゃないだろうか。

実家にいる限り、母が張り切ってごはんを作ってくれるのでお総菜コーナーはスルーせざるを得なかったのだが、今回わざわざこうして歩いてみて良かった。
とりあえず「得体の知れない物が見つかった!」という満足感と共にこれを購入、店の一画にある飲食スペースでさっそく試食することにした。

まさに「なんだこりゃ」としか言いようのない味であった。酸っぱいのだが、これは明らかにヨーグルトの酸っぱさではない。無理に説明しようとすれば「醤油を入れずに甘めに作った酢の物」が一番近いような気がする。

原材料の欄を見ると「うるち米粉、砂糖、醸造酢、きゅうり、みかん」とあった。うん、これは酢の物に米の粉でとろみを付けた物だ。合ってた。

あまりに分からないことだらけだったので、その場で携帯電話の検索機能を駆使し「秋田 あさづけ」で調べてみたところ、謎はあっけなく解けた。

これは「お米のデザート」と呼ばれる立派な郷土料理らしい。主に県南で多く食べられているそうで、なるほど両親共に県北出身の私には縁のない食べ物であった。

あさづけの衝撃を引きずったままではあるが、さらなる未知の食べ物と遭遇すべく、次なるスーパーへと向かった。

次に辿り着いたのは「マルダイ」という、これも地元系のスーパー

しかし、残念ながらここでは「おっ!」と思えるような物が見つからなかったため、次の店へと向かった

これを寒天で固めるか

この日は日曜で、秋田市民の台所と呼ばれている秋田市民市場が休みであったため、代わりに「秋田まるごと市場」なる施設へとやってきた。ここならば、一風変わったお総菜もあることだろう

と、ここでドーンとありました。私でも知ってる物で、だけど全国的にはさほど知られてないであろう、うってつけの変わった食べ物が。

せっかくなので「サラダ寒天って秋田にしかないんですよねぇ」と聞いてみると「ああ、なんか全国放送のテレビで紹介されたらしいねー」とのこと。

あ、これテレビで紹介されちゃってたか。まぁいい。

これは県内でもメジャーな寒天料理として知られているので、私でも存在自体は知っていた。しかし実際に食べたことがあるかというと、いまいち記憶が定かでない

食べてみて記憶が甦った。どこで食べたのかはハッキリしないが、この味は舌が覚えている。マヨネーズがベースになった野菜サラダに砂糖が大量に入った独特の甘さ。そしてそれらを一つにまとめるブリブリに固い寒天。

ああそうだ、思い出した。告白しよう。私は子どもの頃、寒天で固めた物が全般的に苦手だったんだ。

たまに母が「牛乳と卵と苺の寒天」を作ってくれたのだが、あれもどうにも好きになれなかった

もちろん大人になった今では笑って食べられるが、当時は子ども心に「寒天よりゼリーとかババロアとかの方がいいなー」と罰当たりなことを考えていたものだ。

なんでも寒天化

続いて、秋田駅前のイトーヨーカドーまでやってきた。こういう全国展開している店の食品売り場には、地元の変わった食べ物なんか置いてないんじゃないかと思うが、さてどうだろうか。

やはりお総菜コーナーには、わざわざ記事にしたくなるほどまでに変わった物は売っていなかった。

と、あきらめかけて外に出ようとしたその時。

「秋田はなんでも寒天で固めがちな所だ」と思ってはいたが、まさかここまでとは…と感心させられる品揃えではないか。どれもこれも、初めて見る物ばかりだ

いやもう、スゴイとしか言いようがない。

どれも味を見てみたいが、そんなには食べられるはずもなく、2種類だけをセレクトしてイートインコーナーで食べてみることにした。

@nifty:デイリーポータルZ:なんでも寒天で固める国、秋田

B級グルメNO.1は「横手やきそば」


posted by むっく at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

おでんはおかず? スープ? つまみ? 主食?

おでんはおかず? スープ? つまみ? 主食?
2009年10月12日(月)19時49分配信 アメーバニュース

 タレントの渡辺美奈代(40)が、今後議論になるかもしれぬテーマを自身のブログで投げかけた。それは「おでんはおかずか、スープか?」である。

 渡辺はおでんを作る際は、他のおかずを何にするかで迷うそうだ。

というのも、渡辺の夫はおでんとはスープのようなもので、おかずにならないと言うのだという。

 恐らく以前はおでんをおかずだと思っていたであろう渡辺は「困ります」としょぼんとしており、「皆さんのお家では・・・いかがですか」と呼びかけた。

 ブログのコメント欄では「いや、おかずになります! 美味しいですよ!」と渡辺に同意する意見の他、夫に同意するかのように「おでんはオカズにならないのは、我が家も同じデス♪」との発言も出た。「うちではおでんは主食ですw」という新たな説も出たり、「つまみです」と言う人も出るなど、この論争はなかなか奥が深そうだ。

★★★

出し惜しみなし 紀香エロすぎ
弟・友に続け!ブラザートム長男・小柳心が連続ドラマ2本出演
藤原竜也主演「カイジ」興行30億で続編も

菰田欣也作とろ〜りあんかけの本格黄金チャーハン(ウチゴハン)
シェフのアレンジゴハンは・・・豚汁を春巻きに大変身!!
posted by むっく at 15:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋物

2009年10月08日

TV番組で紹介され話題に。「焦がし醤油フォンデュ」ブームの予感

TV番組で紹介され話題に。「焦がし醤油フォンデュ」ブームの予感ダイヤモンド・オンライン10月 8日(木) 8時30分配信 / 経済 - 経済総合

「醤油料理 天忠」の「焦がし醤油フォンデュ」は、「和牛」「もち豚」「海鮮」「山海」の4種。価格は、1680円〜。

 そろそろ、温かい料理が恋しくなってくる季節。寒い季節の定番といえば、やっぱり「」。

」の種類は無数にあるが、気分を変えて、ちょっと洒落た雰囲気でキメたいなら、「フォンデュ」もいい。

 フォンデュといえば、定番は、「チーズフォンデュ」。チーズを鍋で溶かしながら、串に刺したフランスパンや牛肉、野菜などにつけて食べるスタイルは、すっかり日本の食卓にも定着した。ところが、この冬、フォンデュに「和風」の波が来そうだ。

 その先陣を切るのが、「焦がし醤油フォンデュ」。東京・町田市で、300年以上にわたり醤油醸造業を営む「岡直三郎商店」が運営する「醤油料理 天忠」が生み出した料理で、醤油醸造元ならでは、秘伝の「焦がし醤油」に肉、海鮮の刺身、野菜など、季節の食材をからめていただく。

 独特のコクと旨みのある「焦がし醤油」は、醤油に乳製品を加えているという以上は、企業秘密だとか。去年の冬に人気テレビ番組で紹介されたことなどをきっかけに、じわじわと話題になっている。現在のところ、「焦がし醤油」の販売は行っておらず、いただけるのは、「醤油料理 天忠」のみ。既にインターネットでは話題を集め、レシピ紹介ブログなどでは、豆乳などを使いコクを出す食卓レシピなども紹介されている。

 考えてみれば、「醤油」は、日本人のDNAに刻み込まれているともいえる調味料。「何にでも醤油をかける」という方も少なくないだろう。乳製品にも意外に相性がいいし、最上級のものであれば、熱を加えても美味しいはず。グルメを気取っている方はもちろん、そうでなくても、ぜひとも、本家本元を試してみたいところだ。

「醤油」と並んで、日本の定番調味料といえば、「味噌」。「味噌フォンデュ」なるものもある。こちらは、八丁味噌でおなじみの名古屋が発祥らしく、「新名古屋メシ」として、TV番組で紹介され、話題になっている。

 TV番組で紹介された「金シャチビアレストラン ランドビアサーカス」(名古屋市)では、味噌にチーズや白ワインが溶かし込んだソースに、名古屋らしく、海老フライ、トンカツ、貝柱や野菜などの揚げ物をつけながらいただく。「和風」かどうかは、多少微妙なところだが、揚げ物と味噌ベースの好きな方にとっては、馴染みのいい味だろう。ボリュームがあって、若い世代にも人気を呼びそうだ。こちらは、東京や大阪でも提供している店があり、白味噌を使うなど、バリエーションもある。

 少し変わったところでは、「抹茶フォンデュ」なるものも。こちらは、デザート系。京都の「京洋菓子司 ジュヴァンセル」祇園店(京都市)では、「祇園フォンデュ」という名称で提供されており、宇治抹茶を贅沢に使った、ほんのり温かな抹茶チョコレートソースに、季節のフルーツや、パウンドケーキ、わらびもちなどをつけていただく和洋折衷のデザートだ。

 グルメ系、ボリューム系、デザート系と、和風とのコラボが進むフォンデュ。それだけ、「フォンデュ」という食べ物が日本に定着したということだろう。フォンデュ鍋などもごく普通に売っているだけに、家庭でも工夫次第でメニューが広がりそうだ。友人などとのホームパーティでも話題を集めるだろう。今度の休みは、まずは、本家本元の味めぐりもいいし、家で意外が組み合わせに挑戦してみるのもいいのでは?

(梅村 千恵)

)こんなカレー鍋あり!?“変わり種”続々 ラーメン/おでん種/牛もつ…

★★★

台風、各地で休校へ…鉄道・空の便乱れる<台風18号>知多半島に上陸 本州縦断へ

★★★

中居&倖田は破局?
凛子8年ぶり連ドラ!“ライアーゲーム”の天才教授役に「楽しみ」
堀北真希、ハタチ卒業に 「寂しかった」

論語 先行き不透明な時代の“生き方指南” 親子に人気
posted by むっく at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋物

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。