2009年09月21日

B級グルメNO.1は「横手やきそば」

B級グルメNO.1は「横手やきそば」9月21日1時7分配信 読売新聞

B―1グランプリで優勝し、歓喜の声を上げる暖簾会のメンバー

 全国から過去最多の26団体が参加して秋田県横手市で行われたB級グルメの祭典「第4回B―1グランプリ」で20日、地元の「横手やきそば」がゴールドグランプリ(1位)に選ばれた。

 来場者が投票した「はしの重さ」で勝者を決め、「横手やきそば暖簾会」には、トロフィーに相当する「金のはし」が贈呈された。来場者も2日間で大会史上最高の26万7000人を記録した。

 「優勝は横手やきそば」。2日間の熱戦を終え、関係者が集まった横手市の「かまくら館」で、アナウンスが流れると、歓声と拍手がわき起こった。

 壇上で暖簾会の伊藤一男理事長(62)は両手を挙げて満面の笑み。メンバーと次々に握手を交わした。伊藤理事長は「第1回大会からの参加で、優勝は悲願だった。暖簾会のメンバーは一生懸命手伝ってくれた。みなさん本当にありがとう」と涙を浮かべながら、関係者の労をねぎらった。

 横手やきそばは、2006年2月に青森県八戸市で開かれた「第1回B―1グランプリ」でいきなりシルバーグランプリに輝いた。しかし、出展団体が増え魅力的な料理が増えた次大会以降、上位に食い込むことができず、伊藤理事長は「もう、やきそばは無理なのか」と思ったほど落ち込んだという。

 しかし、今大会は敗因を分析し、改良を加え勝負に臨んだ。待ち時間を減らすため作業人数を8人増やし、4台の焼き台をフル稼働して待ち時間を短縮。来場者が退屈しないように記念写真が撮影できるパネルを置いたり、歴代の「やきそば担当」職員が、横手やきそばの歴史を説明するなど工夫した。結果、2日間で優勝ラインの6000食以上を売り上げたのに、ブース前に行列ができることはほとんどなかった。 最終更新:9月21日1時7分

B級グルメ1位は厚木シロコロ・ホルモン 福岡・久留米

<横手やきそばサンドX>B級グルメ仲間入りなるか 3店が発売 /秋田

B-1グランプリ(ビーワン・グランプリ)とは、「B級グルメの祭典」として、食で町おこしをしている団体が「B級グルメ」を持ち寄り、その人気を競い合う競技会。来場客が出展料理を食べ比べ、投票によりグランプリが決定する。

「B級ご当地グルメ」で地域おこしをしようという動きが日本全国で見られる中、それらを推進する団体・グループが手を組んで、より有名なご当地グルメへの挑戦をしてゆこうという主旨の下、B級ご当地グルメの祭典として開催。第1回は2006年(平成18年)2月に八戸せんべい汁研究所の企画プロデュースにより青森県八戸市で開催し、10団体が参加した。以降、毎年1回開催している。

なお、「B-1グランプリ」及び「B級ご当地グルメの祭典 B-1グランプリ」は、青森県八戸市に本社を置く広告会社・株式会社テクノスの登録商標でもある(八戸せんべい汁研究所より委託され商標登録及び商標権を管理)。

会場の来場客が複数の出展料理(有料)を食べ比べた後、自分の気に入った料理に投票する。
投票は、使用後の箸で行う。1膳2本を2票とし、来場客1人につき2つの料理まで投票できる。
競技終了後、箸の目方を量り、最も重かった料理・団体がグランプリとなる。
グランプリ獲得者には、金の箸トロフィーが授与される。
次回開催地は立候補地から決定する。

B-1グランプリ - Wikipedia

★★★

クレヨンしんちゃん 遺体は作者の臼井さんと確認


posted by むっく at 03:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横手やきそば

2009年09月15日

堂島ロール500本が即完売!阪急うめだ本店第I期棟オープン初日レポート

堂島ロール500本が即完売!阪急うめだ本店第I期棟オープン初日レポート
2009年9月3日(木)22時33分配信 東京ウォーカー

モンシュシュ」のロールケーキや阪急うめだ本店限定のチョコレートケーキなど新作も1時間ほどで売切。後で午後に追加販売された)

大阪・梅田を代表する百貨店「阪急うめだ本店」の第I期棟が9/3(木)にオープンした。すでにテレビのニュースでも話題で、ご存知の人も多いと思うが、今回は、注目の1階洋菓子売場(通称“デパイチ”)の「人気のスイーツはどこだったのか?」をリサーチしてきた。

とにかく今回の目玉のひとつは「堂島ロール」という超人気ロールケーキで有名な「モンシュシュ」。

阪急うめだ本店広報によると、午前11時過ぎには、すでに約500本ほど用意されたロールケーキが完売。後で、本店より商品が運ばれ、追加販売が実施されるほどの大人気ぶり。さすが全国区の知名度を誇るロールケーキだ。

次に行列が目立ったのは、今回新登場のパティスリー「HAMON(ハモン)」。このお店は、有名洋菓子店「ムッシュマキノ」の牧野眞一氏と、「ファクトリー ナカタ」の中田浩氏のトップパティシエ2名が、プロデュースしたコラボショップだ。なかでも人気は、厳選したクリームチーズを使い、独自の技術で焼き上げたチーズケーキ「太陽のスフレ」(¥998)。こちらも行列ができ、お店が見えないほどの人気ぶりだった。

ほか、大阪・堀江にある和菓子店「北堀江 村嶋」、英国伝統のスコーンが人気の「ベノア」など、第I期棟オープンに合わせて登場した新店に行列ができていた。

スイーツだけを見ても、注目のお店、商品がいっぱいの、新しくなった「阪急うめだ本店」。まだまだ混雑が続きそうだ。

(関西ウォーカー若林毅)

モンシュシュ

. 堂島ロール
. モンシュシュ オフィシャル サイト
. 堂島ロール -Case-
. 超人気スイーツ「堂島ロール」 並みじゃない行列を並んで購入 - ライフ ...

★★★

湾岸署騒然!! のりピー保釈後の潜伏先とは高相被告、拘置先で無視イジメ…「彼女をダメにしたやつ」

イチロー伝説 米国も受け入れた才能
posted by むっく at 17:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 堂島ロール

2009年09月12日

こんなカレー鍋あり!?“変わり種”続々 ラーメン/おでん種/牛もつ…

こんなカレー鍋あり!?“変わり種”続々 ラーメン/おでん種/牛もつ…9月12日7時57分配信 産経新聞

 ■進む内食化…秋・冬の陣、差別化で勝負

 食品メーカーが、家庭用の「カレー鍋」のつゆに“変わり種”を続々と投入している。同じカレー鍋でも具材や食べ方の提案などで他社と差別化をはかって需要を獲得するのが狙いだ。景気低迷を背景に家庭で食事をとる「内食化」が強まる中、秋冬のカレー鍋をめぐる販売競争が激化しそうだ。

永谷園は、鍋で野菜や肉と一緒に煮込んで作る「煮込みラーメン」(338円)に、「カレー鍋風」を追加し、14日から秋冬向けに販売する。これまで「しょうゆ」など3品を品ぞろえしていたが、ラーメンとの相性のいいカレー味の需要も見込めると判断した。同社の平成20年度のカレー鍋つゆの売り上げは前年度比1・5倍に伸長しており、今年は定番商品のカレー鍋におでん種を入れるなど、新たな食べ方を提案し、一層の拡販を狙うという。

 日本ハムは、キャベツとニラなどの野菜を加えるだけで簡単につくれる「もつ太郎 牛もつ鍋 カレー味」(430円)を8月中旬から発売。中辛のカレー鍋で、コラーゲンを多く含むもつの食感が楽しめる。発売後、女性を中心に人気で計画の2倍に達する売れ行きを示す好調ぶりだ。

 ミツカンも鍋料理の最後の「締め」にこだわった鍋つゆ「〆まで美味しい鍋つゆ」シリーズの中で、8月20日から「和風カレー鍋つゆ」(367円)を展開。最初にうどんを鍋に入れても、「締め」の風味を楽しめるのが特徴という。

 カレー鍋のつゆは、和風だしとカレースパイスを合わせただし汁で、19年に永谷園とフジッコ、日本水産の3社が市場を開拓し、ヒットになった。昨年にはハウス食品、エスビー食品のカレー大手が参入し市場が急拡大。ハウスによれば20年9月〜21年3月の市場規模は前年同期比4倍の約19億円になったとしている。

11/7・・鍋の日
posted by むっく at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鍋物

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。